2007年02月21日

香港初めて記

やっと明日から仕事が始まる。。。

まだまだ香港初心者のワタクシ、未経験のことは沢山ある。

ここ2〜3日で初体験したものなど。

<その1:チョンキンマンションのカレー>

バックパッカー御用達の安宿、インド人のたまり場、レートの良い両替屋、映画の舞台として有名なチョンキンマンション。最近はかつての怪しさもすっかり薄くなったとのことだが、初めて来る人には宿の客引き、ニセモノ時計売りなどの攻撃をかいくぐり出入りするのはやはり勇気が必要(なのかな?)。

両替屋位は1度経験すればどってことないが、あそこで食事をするのはもうちょっと勇気が必要(な気がする)。

2階(香港風に言うとFirst Floor)にあがると、ずらっと並ぶカレー屋。ネパール人、インド人とおぼしき人たちが談笑しており、一見のアジア人はちょっと入って行きにくい雰囲気だが、一度はトライしてみなくてはと思っていた。

ドキドキしながら、その中でも比較的入りやすい英語メニューのある店を選ぶ。粗末なテーブルと椅子。メニューとともに水が出てくるが、出元が不明なため、ちょっと怖い。メニューを見ると、タンドリーチキンがある。鶏に目がないワタクシ、これは是非試してみたいところ。しかし、Fullは一人ではいくらなんでも食いきれない。が、Half発見。量を確認したところ、5〜6ピースとのことなので、ちょっと多いかなと思いつつ、決定。そうなるとメインのカレーはチキンを避けて、マトンにする。

オーダーして料理が来るまでの間にメニューを見返すと、タンドリーチキン1ピースがあるジャマイカ。うう、失敗。

出てきた料理は、とてもマトモで(っつーと失礼か)、美味しかった。タンドリーチキンはもも肉、胸肉とそれぞれの部位が楽しめ、マトンもかすかなにおい(結構これが好き)とともに、肉の味がしっかり。カレーも辛すぎもせず、ライスにマッチ。チキンがちょっと多かったが、食べ応えがあった。しめて60ドルくらいだったか。満足。


<その2:広東語映画>

どうにもヒマをもてあまし、かといってお金のかかる遊びや人の多いところに出かけていく気力もなく。こんな時に便利なのが映画。映画館の上映情報をCitylineBraodway Circuitで確認し、香港のトップアイドルTWINSの出演する「TWINS MISSION」に行くことにする。TWINSは名前は知っていたが、歌は聴いたことがなく、名前と顔が一致しない。でも他にこれと言ってみたいものもないし、なんつってもオレ的映画の醍醐味は綺麗なおねーさんを大画面で観ることなので、よしとした。

内容は、広東語が分らない(英語字幕を追いかける)のを差し引いても、お世辞にも出来は良くない。TWINSが観られればいい人ならいいかも。しかし、香港のアクションコメディーって、誰がやってもどんな内容でもカンフーアクションがあるのね。映画の中の人も大変だ。

ところで、TWINSってどっちがジリアンでどっちがシャーリーンなの?(若いコの見分けがつかないのはオヤジ化の証拠かも)。

映画は基本60ドル(約1000円)。上のサイトでチケットを買うと55ドルになる回がある。その他映画の日割引や、携帯と連動して安くなるしかけもあるようだ。座席はチケット購入時に決定する、日本でも最近のシネコンでよくある形式。

映画館はモンコックのランガムプレイス。エスカレータで延々上まで登るのだが、途中えらく長くて急なエスカレータがある。転げ落ちたら絶対に死ぬなというくらい。余計なことを想像しすぎて、途中で怖くなって思わず前のめりになる(アホか)。次回はエレベータにしよう。。

3Fのフードコートでモスバーガー発見。これが香港初上陸のモス。でも食事は同じ階の韓国料理屋に。キムチとチキンをのせたゴハンが45ドル。すっげーボリュームで満腹。って毎日チキン食ってるな。いいけど。


<その3:香港吉野家>

なにも香港まで来て牛丼食わなくても。。。とお思いだろうが、毎日お粥や鴨ぶっかけメシでは、やはり飽きるのだよ。どっちかっていうと、オレは松屋派なんだが、香港には進出してないからなぁ。早く来てくれないかな。

チキンやトンポーローなど、日本に無いメニューも多数あったが、ここは素直に牛丼をオーダー。ソフトドリンクかみそ汁または日本茶がついて26ドル。卵のオプションが無いのは納得いかーん!牛丼は見事なまでに日本と同じ味だった。みそ汁もこれまた同じように粉末みそ汁。

店内を見回して気がついたが、こちらの人はどんぶりを持って食うということをしない。なので、みな所謂「犬食い」になっていて、日本人的感覚では少々見苦しい。そのせいか、お箸とともにレンゲがついてくる。オレは犬食いって嫌いなんだけど、これは習慣の違いとして華麗にスルーするしかないな。ようするに、海外生活というのは、こういう細かいことの衝突なんだなーと。忍耐と寛容が必要。うむ。

お店の中にインド系とおぼしき女性発見。やっぱり牛は避けてチキンとか食ってるのだろうか?

明日から2泊3日で大陸出張。出張日当1日100ドル、稼いで来ますか。

↓いや、試しに検索してみたら。。。

posted by hk at 23:14| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すっかり香港生活を満喫されてるようですね。(かなり羨ましいです(*^_^*) )
中華料理とイタメシとインド料理は世界中どこ行ってもありハズレが少ないですね。
イギリスに行ったときタンドリーチキンにハマリました。

日本料理は日本料理風ですよね!
なかには日本風ジャンクフードが美味しかったりします。(笑)
Posted by HIDE HENDRIX at 2007年02月22日 09:22
>HIDEさん
では、こちらに来た時にはチョンキンでタンドリーチキンFullにチャレンジしませう。

なんか、世界の日本料理屋に日本政府が認定証を発行するだのアホな動きがあるようです。その地で発生した食べ物を食べるのが楽しみなのに。
そんなに日本が特別か?と思ってしまいます。いろんな国の特色を持った日本料理があってもいいと思うのですけどね。
Posted by hk at 2007年02月23日 01:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: ランガムプレイスランガムプレイス(Langham Place)とは、香港(中華人民共和国・香港特別行政区)・九龍の旺角(Mong Kok)地区に位置する複合施設の名称である。ショッピングモール、オフィ..
Weblog: 超高層ビルを調べる
Tracked: 2007-09-30 19:47
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。