2009年09月30日

国慶節と中秋節

10月1日は国慶節。中国の建国記念日である。正確には「中国4000年の歴史」の中国ではなく、中華人民共和国の建国記念日。

今年は60周年に当り、これまでにない警戒態勢を敷いていることはニュースでも報道されている。

ソースへのリンクはしないが、聞いただけでも

・北京市内への車の出入りは3重検問
・大量の武装警官および市民ボランティアによるパトロール
・パレードが予定されている通りに面したホテル、事務所、店舗の2日間営業停止
・当日はヨウ化銀散布により天候コントロール
 (別の所で雨を降らせて北京界隈を晴天にする。オリンピックの時もやったとかやらなかったとか)

などなど。

そんな中、ウイグルでの騒動があり、香港や日本の記者が当局の暴力により負傷する事件があり、北京市内では2日連続で刃物振り回して市民に怪我をさせる騒動があり、レストランで爆発事故があったり、と事件が相次いでいる。さぞかし公安も忙しかったことだろう。

レストランの爆発は設備の不備による事故と人為的なものと、報道が2種類あって、真実がわからない。

中国と外国間のネットワーク上に巨大なF/Wがあり、規制がかかっているのは周知の通りだが、半年くらい前からTwitter、FaceBook、YouTubeなど、コンテンツのコントロールが難しいウェブサービスが軒並み接続不可能になっている。

YouTubeはダメなのにニコ動はおk、とか、似たような中国内部の動画サイトには著作権なんて隣の銀河の出来事みたいに日本のドラマがごろごろアップされている、とか、何の為に規制したんだかミエミエだけどさ。


ウェブサービスについては、まぁご想像通りの抜け道はあるのだが、いや、あったのだが。。。

10月1日が近づくにつれ、今までお目こぼしされていたところが規制され始めたようだ。

その辺は、Twitter(のとあるGW)の中国人のTLを見ていると、リアルタイムに彼らの動きが分かって興味深い。

規制をかいくぐってTwitterやる位だから、相当にコンピュータ・リテラシが高く、当局の監視もあまり気にしていないような連中である。こちらの方が、こんなことTLに流して大丈夫かな、オレの発言が元で規制強化されたら迷惑かけるな、と呟く内容に気を遣うほど。

明日はどうなるのかねぇ。この国が本当に変わるのはまだまだかかりそうだけど、今の中国も面白いので、このままでもいいかなと思ったり。でも食材と公害の問題だけはちゃんとして欲しいぞ。



そんな中、10月3日は中秋節。この日は家族や友人で集まって、お月様を見ながら月餅を食べる。大家族で暮らすこっちらしい、美しい習慣だと思う。

日本の月餅は中にアンコが入っているが(中村屋?)、こちらのはそれより3周りほど大きく、中はアンだったり、卵の黄身が入っていたりして、かなり食べ応えがある。日本人であまり好きではない人も多いみたいだが、オレは卵入りのが好き。


今、香港の駅という駅で月餅の臨時売り場ができていて、ものすごい人人人。


邪魔だっつーの。


と思うのは、一緒に月餅を食べてくれる人がいないからか(爆)



うちの会社は12月決算なので、今日は上期の締め。あっという間に1年の半分が過ぎてしまった。後半に向けて仕込み中のプロジェクトを加速せねば。

ではでは。
ラベル:中国 海外生活
posted by hk at 21:05| 香港 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

秋葉原デモ

なにこれ?

「友愛」「友愛」と繰り替えすのもアレだが、「外国人参政権」→「日本が乗っ取られる」という思考回路は全く理解できない。

しかもこの動画。



コメントにもあるように、まずタイトルが意図的なミスリードを誘発しているように思う。自作自演の可能性が高い。「左翼が突っ立っていた」という投稿者の発言にも悪意を感じる。

内容については、何も言うことはない。アホか。

コメントの内容が意外に理性的だったのでちょっと安心した。
ラベル:日本 政治
posted by hk at 01:16| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

ネットの海は広大だけど香港は狭い件

先日、大家から連絡があった。
「その部屋を売ったので、今後のことは新しい大家と交渉してねん」

っておい!

と言ったところで、すぐに出て行けと言われないだけマシってもんで。

そんで、今月の家賃を払ったところで現大家とは契約が切れて、新しい大家との交渉に入る訳だが。


ま〜〜〜〜ったく連絡が無い。無いったら無い。


どうやら香港の外にいるようで、来週あたりに連絡があるらしい。
その間、不安がつのるばかり。そりゃOne month noticeで解約できる契約なのでいつでも出て行ける準備をしておけ、というのも確かだけどさ。

こちらの希望としては、今の部屋の契約を延長、できれば多少なりとも家賃を下げて、と思っているが、ネットで他の物件を当たってみたり。 最終的には現地の不動産屋にいって現物みないと決められないんだけどね。


離島の部屋は、家賃同じなら広さが倍、広さが同じなら家賃半分、と聞いたが、この部屋なんか結構良い感じ。思ったほどは安くないけど。
http://www.geoexpat.com/classifieds/showproduct.php/product/61855/cat/12
しかし、離島には交通手段がフェリーしかないので、遅くなると家までたどり着くことすらできない。また、交通費もかかる。
身近に離島暮らしがいるので、聞いてみても良い。しかし香港生活3年弱で離島暮らしって、隠居するのが早すぎるってか?
ただ、この物件は2006年に登録して6000人以上が閲覧しているのに未だに決まっていないようなので、何かあるのでしょう。


天水圍というのは全く考えていなかったが、面積に比べてかなり安い。
この部屋なんか、708sqf(65.7m2)で5700HKDというのはムチャ安い。
http://web.centanet.com/findproperty/Detail/Detail.aspx?id=c4254af4-d41e-450f-a05e-056532951a4f&posttype=R
この辺の部屋の平均は、大体450sqf前後で6000~6500HKD。
これも殆ど中国でかなり香港の中心から離れるが、交通の便は最近よくなっている模様。まぁ部屋そのものは特別良いものではないし、家具の状態によっては家賃が高くなったり自前で買い増ししなきゃならんけど。(でもこのエージェントのお姉さんは結構好みである(マテ))


ちなみにGeoExpadは久々にのぞいたけど、ここのフォーラムがおもしろい。
http://www.geoexpat.com/forum/forum8.html

・香港で一人暮らしの人は、夜は何をやってるの?
 →You! その前に仕事見つけろYo!

・最初のデートではどこに行けばいい?
 →Peak、Ocean Park、ネズミの国...

・ナイスなジャズスポット教えれ
 →あっちゃこっちゃ

・Speed datingってどうよ?
 →そんな事に金を使うより、ランカイフォンでナンパしてこそ真の"Speed dating"だ!

etc,etc...

某巨大掲示板のノリですなー。デートスポットは参考になりそうなので、良く読んでおこう。。
posted by hk at 03:28| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月21日

そうだ、赤柱に行こう

赤柱(Stanley)に行ってきた。

本当はいつもの用にプールに行こうと思ったけど、国慶節のパレードがTSTから自宅近くにかけてあるらしく、12時頃からすでにどんどか始まったので緊急避難先を考えていたら、急に浮かんだので即実行。

中国映画の「戦無双」(公式サイト(中国語))を見たら、赤柱が舞台で、なんかいい感じだったので行きたいなぁとは思ってた。

映画のほうは「チョコレート・ファイター(邦題)」(公式サイト)の二番煎じ、しかも足下にも及ばない出来だったが。

最初は赤柱の近くにあるレパレスベイのビーチでのんびり昼寝して。。などと思ってたら、とんでもない。浜辺の気温が35度もあって、うっかり海パンも持ってこなかったので、暑いのなんの。昼寝なんてできる状況じゃない。人は少なかったけどね。

なので、這々の体でビーチを逃げ出し、タイミング良く来たミニバスに飛び乗り、赤柱へ。

ここはスタンレーマーケットという市場(雰囲気はアメ横に近い(笑))があり、よくある土産物のほか、シルクやリネン製品の店、アートギャラリーなどがあり、おもしろい。欧米人が多いが、当然のことながら日本語もちらほら。

カメラを持って行くのを忘れたので写真をアップできないのが残念。

建物は高層マンションもあるのだが、コロニアルスタイルの小綺麗な低層アパートも多い。きっとそういう部屋のほうが高いんだろうな。遊びに行くにはすごくいいところなんだけど、住むとなると覚悟いるな。何しろ香港のほぼ南端、セントラル地区からバスで小一時間かかるし。海っぷちなので建物その他のメンテナンスも大変そうだし。ちなみに山道から下の方に見える高層ビルは、まるで第三新東京市でした(笑)

部屋の相場をその辺の不動産屋の窓広告で確認してみた。分譲価格は桁が理解の外なのでスルーして、賃貸の場合の値段を併記してある広告を見る。え〜〜と、いち、じぅ、ひゃく。。。1ヶ月15万ドル!まぁ庶民の「住む」街じゃないですな〜。いや、ちゃんと安い部屋もあるんだろうけど。

マーケットで、麻のざくっとしたスタンドカラーのシャツを見つけた。こういうの探してたのよね。素材そのまんま、みたいな。持ち合わせが無かったので買わなかったけど、次回買ってこよう。同じ素材のチャイナジャケットもあった。普通に売ってるのは絹(あるいは絹みたいな何か)なので、結構気張った時にしか着ることができないが、あれだったらカジュアルに着られそう。最近、微妙にヒゲが復活しつつあるので、あれで福建省とか歩いてたら蛇頭と間違えられるかも。アヤシイ格好が似合うと思う今日この頃。(え?昔から?)

帰りはチムトンまでのバスがあることが分かったので、それに乗る。普段、2階建てのバスでは2階の一番前に座る。今日は先客がいたのでそれはかなわなかったが、それで良かったかも。なにしろ、狭い山道の下りを、2階建てバスで飛ばす飛ばす。お前は10年前のオレか!と思った。かなり怖かった(このオレが)。道端の木立の葉っぱがバシバシ窓に当たるし。夜になったらおもしろそう、と思ったのは否定しない。

次回行くときは、昼間を避けて涼しい夕方に行こうと思う。誰と行くかは。。。神の味噌汁。

なんにせよ、自分が住むと決めた国に好きな場所がまた一つ増えた、というのは素敵なことです(そうじゃないですか〜〜♪)
ラベル:香港 赤柱
posted by hk at 00:12| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

中国当局者ら共同通信記者らに暴行…北京

中国当局者ら共同通信記者らに暴行…北京
 中国・北京市内のホテルで18日夜、10月1日の建国60周年に行われる軍事パレードの予行演習を取材していた共同通信の記者ら3人が、中国当局者ら数人に暴行を受けた。

 共同通信社によると、暴行を受けたのは、中国総局の日本人記者、カメラマンと中国人助手1人。同市中心部のホテル「北京飯店」の客室で取材中に、けられるなどしたという。

 3人ともけがはなかったが、手を後ろに組まされ、ひざまずくよう命じられ、行動が一時制限された。記者らは、パソコン2台を破壊されたという。
(2009年9月19日00時57分 読売新聞)


建国60周年の国慶節を目前に、中国、とくに北京界隈が厳戒態勢に入っている。オリンピックの時も常軌を逸したような警戒ぷりだったが。(そして踊り狂ったのは中央政府と外国人だけで、90%の人民にとっては自国でありながら遠い国の出来事だった)

先日、ウイグルの暴動で香港の記者が逮捕され負傷した際には、即座に香港のドナルド行政長官が北京にすっ飛んでいった。TwitterでRTHK(香港電台)のニュースを拾っているのである程度その後の動きもトレースできたが、事件後、中央政府に強い抗議をしたとあった。

さて、今回の件では日本政府はどう動くだろうか?政府としては、まだ内閣としてローンチもしていないうちからやっかいな。。大した怪我でも無さそうだし、警戒が強化されているのを知ってて取材してるんだから、なにかムダに刺激する行動でもしたんじゃね?ってのが本音か。

各社の記事を見ても扱い小さいしな。


悲しいことである。


オレは六・四天安門の詳細は後で知った。恥ずかしいことながら、隣の国にいながら全く知らなかった。今でも断片的にネットで追いかける程度だが、「人民軍」が「人民」を戦車でひき殺した、という事実が当時天安門に集まった人々に与えた衝撃は計り知れなかっただろう、ということは想像できる。

また、一時ほどの激しさではないものの、反日教育はまだ存在している。シンセンにある遊園地の子供向けアトラクションで「平和な農村を踏みにじる日本兵vsそれを追い散らす勇敢な農民」を見たときは、正直ショックだった。

政府 対 政府
企業 対 企業
人民 対 人民
個人 対 個人

これらは別次元で語るべきものだろうか?それともどれかを共通認識として持つべきなのだろうか。

これは日本と中国の間だけではない。日本国内でも、日本とどこかの国の間でも、男と女の間でも同じことだ。

個人的には「中国人」という「人」は存在しない、という認識を持っている。あくまでオレが相手にするのは「李さん」であり、「王さん」なのだ。しかし、組織の中で総論を語る時、「中国人は・・」となってしまう事も否定できない。(香港人もしかり)

今後、急に日本に帰るような事態にならない限り、中国との関係は深くなるだろう。とりあえず香港でのパーマネントビザが取れる5年後以降は、中国に行くこともあり得ない話ではないと思っている。(そう決めた訳でもない)

うまくまとまらないが時間がないので。。

今までの生活を通して、オレは中国が好きだ。もちろん、ほんの表面とさえ言えないほどの面積を舐めただけだが。中国がもっと国際的に信用を得られる国になって欲しいと思う。
(今の深い闇を内包するお国柄も好きだけどねっ!)
posted by hk at 19:10| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。