2009年06月20日

予言的中(F1)

わはは。

予言的中なのら。

過去のエントリーで「F1離れしたメーカが別カテゴリー立ち上げてデスマッチ宣言」とか書いたら、本当に別シリーズが立ち上がりそうな気配。

「F1の本質的な価値を妥協し続けることはできず、2010年ワールドチャンピオンシップの当初の条件付きのエントリーを変更しないことを決定した」

「したがって、FOTAチームは参戦者とパートナーの価値を反映する新しいチャンピオンシップの準備に着手せざるを得なくなった。このシリーズは、透明な統治と1つの規約で行い、参戦者を増やし、世界中の観客のための価格を下げることを含め、ファン、パートナー、その他重要な投資家の希望に耳を傾ける」

FOTA、新シリーズ設立を発表 F1-Gate.com 2009.6.19

さすがにデスマッチ形式では開発費がベラボーになるので、何らかの制限をかけることにはなると思うが。

おもしろくなってまいりました。今後の動きにwktk。
posted by hk at 10:11| 香港 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

PCCWの嘘つき

日本でレンタルサーバを借りているが、ほとんど廃墟と化しているので、当面はドメイン名だけ残してコンテンツは撤去しようかと思っている今日この頃。

しかしながら手元に自由になるサーバがあるというのは何かと便利ではある。しかしお金かけてサーバ借りたりドメイン取ったりするのもかったるいので、何か手軽な方法は無いかと思案していたら、自宅のNAS(QNAP-209)がWebサーバの機能があるのを思い出した。ドメインはDDNSを使えば問題ない。ちょうどNASとルータが標準でサポートしているDDNSプロバイダが同じなので都合がよい。と、いそいそと設定する。

各々の詳しい手順はググればいくつも出てくるので割愛。 簡単に列挙すると

1.DDNSでドメイン名を取得
 使ったのはここ→http://www.dyndns.com/
2.ルータに取得したドメイン名とWAN側のIPを設定
3.NASをDMZに設定
4.http port 80をNASの内部IPに流すように設定
5.port 80を解放
6.QNAPでQWEBをアクティベート、port 80を設定
7.ルータと同じくDDNSのドメイン名とIPを設定


と、ここまではさくさくとできて、当面自宅サーバで動かしたいアプリがphpなので、ネットからインストールする。この辺、NASのOSがLinuxベースでパッケージインストール用のコマンドも(独自だけど)用意されているので、簡単。

ここまで終わってドメイン名たたいてみたら。。。。反応nothig。


ググってあちこち読んでみても手順に間違いはない。tracertでの名前解決もできているし、nslookupでもDNS上にレコードはある。
自宅のPCからならドメイン名でも内部IPでも正常に動作するので、基本的に間違いはないはず。

会社で聞いたらPCCWは自宅サーバに制限をかけているらしいとのことなので、サポートに質問してみたところ、以下の回答。

1. NETVIGATOR apply no restriction on using Dynamic DNS service provided by other companies.
However, it is with regret that technical support to such 3rd party services is unavailable from us.
We suggest you may consult with your DDNS service provider for more information about setting up such service on your computer.


実際、この回答をもらってもあまり信用してなかったり。実際、世間の評判はよろしくない。こんなのとかこんなのとかこんなのとか(全部英語)。

以前会社でもPCCWのネットワークを使っていたが、なにしろ殿様商売で高いしサポート悪いし、個人的にも最低の印象。なんで自宅で使っているかというと、アパートへの線の引き込みの問題で選択肢が無かったから。

ここ2、3日、設定をあれこれ変えたり、ネットで調べたりしていたが、さっぱりわからん。

で、DDNSのサイトでQA集を読んでいたら、素晴らしいヒントが。

Try an alternate port

If your firewalls are disabled, and port forwarding is properly configured in your router (or you don't have a router), the last possibility is that your Internet Service Provider is blocking the port. Many ISPs block common ports such as 21, 25, and 80 to prevent people from hosting servers on their networks. You can verify port blocking by simply calling your ISP and asking about the problem (since they often use it as an incentive to upgrade to a better package).

Another way to tell is to simply change to an alternate port. For example, if you are hosting a web server on port 80, change the server's listen port to 8000, and try connecting using http://1.2.3.4:####, where 1.2.3.4 is your IP address and :#### is the alternate port. (Be sure to open this port in your firewalls and forward it in your router during testing.) If the new, alternate port works, your ISP is likely blocking the common port, and you will need to host your server on the alternate port.

If your ISP is blocking port 80, you can use the URL forwarding service to redirect visitors automatically to the desired alternate port. If your ISP is blocking port 25, we offer MailHop® Outbound for outgoing email and MailHop Relay for incoming email on alternate ports.


昨日、中国のホテルで午前3時頃に見つけた時は、おもわずうお〜〜〜っとうなった。


出張からもどり、さっそくNASとルータのport設定を80xxに変更して、アクセスしてみる。自宅のPCからアクセスしても成功するのは分かっているので、携帯のブラウザでたたいてみる。表示はどうでもいいので、とにかく画面が出ればよい。



じぁ〜〜〜〜〜ん!



アクセス成功!


つーわけで、PCCWが外から内向けのport 80に何らかの制限をかけていることが判明。PCCWの嘘つき。

と、この一言が言いたいために長文書いてるオレ。早く寝ろ!
posted by hk at 23:49| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。